Gloabal site

お問い合わせ

環境マネジメント

よつ葉乳業 企業行動憲章(抜粋)

【地球環境保全への貢献】(工場統合方針)
環境問題への取り組みは、企業活動における社会的責任として必須の要件と捉え、企業活動に伴う環境負荷の低減、および地球環境保全と循環型社会の実現に努めます。

各工場環境方針

よつ葉乳業株式会社 十勝主管工場は、環境保護を企業の最優先課題のひとつと認識し、環境へ与える影響が最小となるような「牛乳・乳製品の製造」に努めます。
さらには、酪農生産者による乳業会社として、十勝の自然の恵みを酪農生産者と生活者・お取引先とを結ぶ掛け橋として「酪農生産者の心をお届けする」役割を使命とし、社会貢献して参ります。

  1. 環境マネジメントシステムの継続的改善を確実に行います。
  2. 省エネルギー。省資源化及び天然ガスを有効活用しCO2抑制に努めます。
  3. 廃棄物の削減・リサイクル化並びに水質汚濁及び大気汚染防止等の予防を約束します。
  4. 現在及び将来に亘って、環境法規制及び当工場が同意するその他の要求事項を確実に順守します。
  5. 環境目標を設定し、見直す枠組みを与えることにより着実な環境改善に努めます。
  6. 身近な環境保全活動を通じ、地域社会との共生に努めます。
  7. 組織で働く人の教育を行い、一人ひとりの環境意識の向上に努めます。
  8. 当方針は組織で働く人に周知します。又、社外にも公開します。

平成28年7月26日
よつ葉乳業株式会社 常務取締役
十勝主管工場長 川瀬博教

よつ葉乳業株式会社 根釧工場は、ラムサール条約登録湿地に代表される釧路湿原の隣接地に位置し、特別天然記念物の丹頂鶴も近くにいる自然に恵まれたところにあります。環境への影響が最小となる「牛乳・乳製品の製造」に努め、酪農生産者、生活者の橋渡し役として社会に貢献して参ります。

  1. 環境マネジメントシステムの継続的改善を確実に行います。
  2. 省エネ、省資源、廃棄物の削減やリサイクルを含む汚染の予防を約束します。
  3. 現在、さらに将来に亘って、環境法規制等を順守します。
  4. 環境目的、目標を設定し、見直す枠組みを与えることにより着実な環境改善に努めます。
  5. 全従業員への教育を行い、一人ひとりの環境意識の向上に努めます。
  6. 当方針は全従業員に確実に周知すると共に、社外にも公開します。

平成27年8月1日
よつ葉乳業株式会社 根釧工場
工場長 山田政満

よつ葉乳業株式会社 オホーツク北見工場は、オホーツクの大自然に囲まれた工場として、環境への影響が最小となる「乳製品の製造」に努め、自然の恵みから生まれた生乳を酪農生産者の心と共に、お取り引き先にお届けする橋渡し役として社会に貢献して参ります。

  1. 環境マネジメントシステムの継続的改善を確実に行ないます。
  2. 省エネルギー、省資源化を推進します。
  3. 廃棄物の削減を含めた汚染の予防を約束します。
  4. 組織の環境側面に関係する法的要求事項、及び組織が同意するその他の要求事項を尊重し、順守します。
  5. 環境目的、目標を設定し、かつ定期的に見直し、着実な環境改善に努めます。
  6. 全従業員の環境教育を行ない、一人ひとりの意識の向上に努めます。
  7. 当方針は当工場で働く全ての人に確実に周知すると共に、社外にも公開します。

平成28年7月1日
よつ葉乳業株式会社 オホーツク北見工場
執行役員工場長 白木尚文

よつ葉乳業株式会社 宗谷工場は、「安全・高品質・美味しい」製品を製造する食品工場として北オホーツク道立自然公園内に立地する状況を踏まえ、生産活動製品に関連する主要な環境影響を考慮し、企業活動と自然との共生、地域環境との調和、汚染防止を図ります。

  1. 地域環境との調和、汚染防止を図るためのマネジメントを向上させます。

    ・工場が適用を受ける環境法規制及び工場が同意するその他の要求事項を順守し汚染の予防を確実に行います。

    ・目的を明確にした環境目標を設定し、着実な環境改善に努めます。

    ・製品アセスメントを実施し、環境負荷の軽減に配慮します。

    ・内部環境監査等による見直しを実行し、環境マネジメントシステムの継続的改善を確実に行います。

  2. 地域環境との調和、汚染防止を図るために、重点取り組み事項を定め、ハード・ソフト両面でアプローチします。

    ・省エネ、省資源、廃棄物の削減を実行します。

    ・工場周辺の生態系を大切にし、共生に配慮します。

  3. 地域環境との調和、汚染防止を図るために、必要な知識・知見を有し、実践する人を育成します。

    ・全従業員への教育を行い、一人ひとりの環境意識の向上に努めます。

    ・当方針を全従業員に周知し、実行動に繋げます。

平成26年7月1日
よつ葉乳業株式会社
宗谷工場長 佐藤俊治

よつ葉乳業株式会社 東京工場は、環境保護を企業の最優先課題のひとつと認識し、環境へ与える影響が最小となるような「乳製品の製造」に努めます。そして、自然の恵みを酪農生産者の心と共に多くの消費者の方々にお届けする太いパイプ役として社会に貢献して参ります。

  1. 環境マネジメントシステムの継続的改善を確実に行います。
  2. 省エネルギー(電気・ガス)、省資源(上水)の促進を約束します。
  3. リサイクル化の推進とともに廃棄物を削減し、あらゆる汚染の防止を約束します。
  4. 現在、さらに将来に亘って、環境法規制及び当工場が同意するその他の要求事項を確実に順守します。
  5. 着実な環境改善のために、改善目標と対象を適宣明確に設定します。
  6. 全従業員への教育を行い、一人ひとりの環境意識の向上に努めます。
  7. 当方針は全従業員に確実に周知すると共に、社外にも公開します。

平成28年3月18日
よつ葉乳業株式会社
東京工場長 千葉衛二

環境活動への取り組み推進体制

環境への取り組み

※1 環境経営戦略会議:
全社の環境活動に関する方針を決定します。
※2 環境保全委員会:
工場・支店での活動計画の立案、進捗管理を行います。また、環境関連法規制の改正等の情報共有を行います。

ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得状況

環境への取り組み

ISO14001とは
国際標準化機構(ISO)が発行する「環境マネジメントシステム」に関する国際統一規格の一つです。
環境マネジメントシステムとは、企業等が地球環境に負担をかけずに事業活動を進めていくためのしくみです。