Gloabal site

お問い合わせ

地域社会・自然との共生

「よつ葉の森」保全活動

よつ葉乳業は、北海道苫小牧市植苗に約5ヘクタール(札幌ドームの3.5倍の面積)の山林を所有しています。ここはウトナイ湖に近く、さまざまな木々や植物(山菜、ミズバショウの群落など)のほか、エゾシカ等の野生動物の足跡も確認できる、とても自然豊かな環境です。
ところが、そこに植えられていた木々は樹齢50年以上を経過し、台風による倒木などで荒廃していました。そこで、専門機関のご指導のもと「自然環境を最大限に生かした整備」として、倒木を伐採し、新たに苗木を植樹する「森づくり」を進めています。

2009年植樹時の様子

植樹する堀部前社長。

植樹のために地面を掘り起こしています。

小さな苗木が整然と並びました。

社員とその家族、計35名が参加しました。

2014年 森の手入れの様子

2014年 森の手入れの様子

2014年 森の手入れの様子

クリーンラーチの成長

クリーンラーチはわずか5年間でここまで成長しました。

2014年 森の手入れの様子

2014年 森の手入れの様子