若手社員の声

1つの製品の誕生には、多くの人の思いが込められている。

武川 結里奈(たけかわ ゆりな)

出身学部
農学生命科学部 生物資源学科
部署名
営業統括部 商品開発グループ
入社年
2018年4月

仕事内容

Q.現在の仕事内容について教えてください。

現行品のパッケージリニューアル業務を担当しています。

商品開発グループは、家庭用製品10名と業務用製品4名の計14名で構成されており、家庭用はさらに市乳類、発酵乳、バター、チーズ、アイスクリームなどにチームが細分化されています。家庭用・業務用共に、主な仕事内容は新製品の企画開発業務と現行品のリニューアル業務です。

新製品の開発は、市場調査の結果などをもとに商品開発グループが企画提案し、中央研究所(北広島市)の担当者と共に理想の味や物性を求めて試作を繰り返します。製品の処方が固まってくると、デザイン会社の方とパッケージデザインを検討しつつ、製品を製造する工場、製品の売り方を考える営業グループ、その他関連部署と連携しながら、お客様に製品をお届けする準備を進めていくという流れで行っています。

私は家庭用製品のチームに所属しており、現在、乳飲料やチーズのパッケージリニューアル業務を担当しています。デザインを改良するために改めて市場調査を行い、新たな商品コンセプトやターゲット、デザインの方向性の設定を行なっています。製品の訴求点を表現しつつ、ターゲットとするお客様に選んでいただけるデザインを作成することの難しさを感じながら、仕事に取り組んでいます。

仕事のやりがい

Q.達成感を感じるのはどんな時ですか?

初めて担当した製品の発売が決まりました!

まだまだ経験値の少ない私ですが、デザイナーの方と一緒に納得のいくパッケージデザインを仕上げることができた時に大きな達成感を感じることができました。形になるまで、デザイナーの方と打ち合わせを重ねて何度も修正していただいて出来上がったデザインです。発売も決まり、私が担当した製品として初めて形になります。とても思い入れがあるので、今からドキドキしています。

デザインを作成するに当たり、デザイナーの方に製品のスペックやコンセプト、ターゲット、デザインの方向性をいかに正確に説明できるかが重要になってきます。自分の中にあるイメージに近いデザインを見せるなどして、意図することをうまく伝えられるよう心掛けています。

きっかけ

Q.入社しようと決めたきっかけはなんですか?

「北海道のおいしさを、まっすぐ。」は本当でした。

大好きな北海道の魅力をもっと多くの方に伝えたいと思ったのがきっかけです。
私は札幌で生まれ育ちましたが、学びたいことがあったため大学4年間を青森県で過ごしました。道外出身の同級生と接する中で改めて認識したのが、食に代表される北海道の魅力です。品質・素材にこだわっている北海道ならではの製品を製造・販売している当社なら、多くの方に北海道のおいしさを最大限にお届けできると思いました。

入社後、製品の原料や味について「よつ葉乳業として、そこは絶対に曲げちゃいけない」というような発言を耳にする機会が多くあり、思っていた通りの“北海道のおいしさに、まっすぐ向き合う会社”だったと感じています。

職場環境や雰囲気について

Q.職場の環境や雰囲気について教えてください。

「食」という共通の趣味があるので、楽しく仕事に取り組んでいます。

商品開発グループは、男性8名、女性6名が所属する、食の知識が豊富な方や食べることが大好きな方が多い部署です。商品開発や市場調査を目的とした試食会・試飲会を定期的に社内で行って意見を交換するだけではなく、新製品の情報を共有したりデパートで開催される食品関係の催事に仕事帰りに一緒に行ったりと、担当業務が異なっていてもグループ内の交流が盛んです。

入社したての頃は緊張の毎日でしたが、上司や先輩の皆さんが優しく迎え入れてくれました。普段から私の様子を気にかけてくれたり親身に相談に乗ってくれたりと、本当に温かい方たちに囲まれた職場です。

会社のサポートについて

Q.新入社員に対してどのようにサポートしてくれましたか?

不安だった社会人生活。でも、サポートしてくれる環境がありました。

就職活動をしていた時に重視していたのは、新入社員に対してしっかりと教育をしてくれる環境があるかどうかです。学生から社会人になったばかりで分からないことが多く不安な中、仕事の進め方などを基礎から教えていただけて、失敗しても改善点を指導して下さる、そんなサポート体制が整っている会社を探していました。

新入社員研修時の教育担当者や先輩、上司など、困った時に手を差し伸べて下さる方がそばにいる環境はとても貴重だと思います。入社して約1年働いてみて、希望通りの会社に就職できたと感じています。

私の将来

Q.今後の目標について教えてください。

お客様が笑顔になれる製品の開発を目指しています。

新製品を一からつくり上げることが目標です。自分が企画・開発に携わった製品がお店の売り場に並び、お客様がそれを笑顔で手に取ってくださる姿を見ることが私の夢です。

新製品の企画から発売までを担当したことがある先輩が、「よつ葉乳業としてどのような製品を販売したいかを考えると同時に、お客様がどのような製品を求めているかを意識しなければならない。その兼ね合いが難しい」と言っていました。よつ葉乳業らしさはそのままに、お客様に本当に求められているものを製品化できるよう、日々努力を怠らないようにしていきたいです。

学生へのメッセージ

目標に対して努力できる人なら、力を発揮できる会社です。

当社は、やりたいと声を上げればそれにとことん向き合ってくれる会社です。知識や経験が足りず厳しい意見をいただくこともありますが、何度もチャンスをもらえます。まっすぐな心を持って取り組んでいけば、それをサポートしてくれる環境があるので、そのような思いがある人なら十分に力を発揮できる会社だと思います。

当社に興味を持っていただいて非常にうれしいです。一緒に働ける日を心から楽しみにしています!

キャリアについて

  • 2018年 農学生命科学部 生物資源学科 卒業
  • 2018年 入社 営業統括部 商品開発グループ

1日のスケジュール

6:00
起床、朝食
8:30
出社、朝礼、メールやスケジュールの確認、市場調査やデータ分析、デザイン会社との商談(デザインの受領)
12:00
昼食
13:00
デザイン作成(デザインの確認・修正指示書の作成)、打ち合わせ資料の作成、商品売り場の視察のため外勤
17:00
退社
17:30
市場調査を兼ねて札幌駅周辺のデパートの催事へ
19:00
夕食
23:00
就寝