ホーム > 知る・楽しむ > よつ葉Q&A > チーズQ&A

よつ葉Q&A

Q.「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」の違いは何ですか?

A.日本国内の牛乳・乳製品に関する法令「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」では、チーズは以下のように「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」の2種類に分類されています。

パッケージ面に枠で囲われた一括表示欄の中の種類別で見分けられます。

種類別ナチュラルチーズ
乳・バターミルクもしくはクリームを乳酸菌で発酵させ、またはこれらに酵素を加えてできた凝乳から乳清を除去し、固形状にしたもの。
または熟成したもの。
種類別プロセスチーズ
ナチュラルチーズを粉砕し、加熱溶融し、乳化したもの。

ナチュラルチーズは、チーズのタイプによって製造方法も様々です。
個々のチーズが持つ独特の風味・熟成が進む各段階で異なる風味を楽しむことが出来ます。

プロセスチーズは、1種類もしくは数種類のナチュラルチーズを加熱し、融解して成型したものです。一定の風味を維持させたり、チーズをブレンドすることで、好みの風味を作り出すことが出来ます。
また、高温加熱することにより保存性も増して、いつでも手軽に味わえるチーズです。

このページの一番上にもどる▲

Q.チーズの製造に使われる「レンネット」とは何ですか?

A.レンネットはもともと仔牛の第四胃を塩漬けして抽出したものです。

これを牛乳に添加すると牛乳が凝固する性質があり、古くからチーズ製造に利用されています。
レンネットには、タンパク質を分解する酵素の一種であるキモシンが豊富に含まれています。
一方、微生物や植物にも同じ働きをもつ酵素を生産するものがあり、チーズ製造に利用できます。微生物や植物から生産したものには「凝乳酵素(微生物由来)」「凝乳酵素(植物由来)」があります。
使用する凝乳酵素の種類によってチーズの風味に影響しますので、よつ葉乳業では、チーズの種類に合わせて凝乳酵素を使い分けています。

微生物由来の凝乳酵素を使用したナチュラルチーズ

  • 北海道十勝100 ゴーダチーズ
  • 北海道十勝100 チェダーチーズ
  • 北海道十勝100 スライスチェダー
  • 北海道十勝100 クリームチーズ
  • 北海道十勝100 3種のチーズ
  • 北海道十勝100 ミックスチーズ
  • 北海道十勝100 チーズフォンデュ
  • よつ葉手造りチーズオリジナル(オンラインショップ限定品)
  • よつ葉手造りチーズゴーダ(オンラインショップ限定品)

仔牛由来レンネットを使用したナチュラルチーズ

  • 北海道十勝100 カマンベールチーズ
  • よつ葉手造りブルー&カマンベールチーズ(オンラインショップ限定品)

このページの一番上にもどる▲

Q.「よつ葉プロセスチーズ」に使われている「乳化剤」とは何ですか?

A.「よつ葉プロセスチーズ」に使用している乳化剤は、重合リン酸塩です。

プロセスチーズは、1種類もしくは数種類のナチュラルチーズを加熱し、溶かして成型したものです。重合リン酸塩は、かまぼこなどの練り製品やラーメンの「かんすい」などにも使われている食品添加物の一種です。
チーズを乳化(なじませる)させ、組織を均一にし、硬さを調整するため、プロセスチーズ作りに乳化剤は欠かせません。

このページの一番上にもどる▲

Q.クリームチーズに使われている安定剤の「ローカストビーンガム」とは何ですか?

A.クリームチーズはペースト状に仕上げた非熟成のフレッシュタイプのナチュラルチーズです。
ペースト状を維持し保存性を高めるために、製造工程で均質化や加熱を行いますが、同時に水分や脂肪の分離が起こりやすくなります。それらの現象を抑えるために安定剤は欠かせません。安定剤を使うことにより、分離を防ぐとともに独特の粘りやなめらかさをチーズに与えてくれます。
「よつ葉北海道十勝100クリームチーズ」には、ローカストビーンガムという安定剤を使用しています。ローカストビーンガムは、地中海沿岸に生育するキャロブという常緑樹(豆科の大木)の種子の胚乳から抽出された天然素材です。

このページの一番上にもどる▲

Q.クリームチーズの表面にうっすらと水が浮いていますが、食べても大丈夫?

A.クリームチーズはペースト状に仕上げた非熟成のフレッシュタイプのナチュラルチーズです。
水分や脂肪の分離を抑えるため、安定剤を使用していますが、長時間傾けた状態で保存したり、温度変化があると、中の成分が表面上ににじみ出ててしまう場合があります。これは、ホエイ(乳清)という、クリームチーズの成分ですので、そのまま混ぜてお召し上がりください。

このページの一番上にもどる▲

Q.クリームチーズは開封後どのくらいで食べたらいいですか?

A.クリームチーズは非熟成のフレッシュタイプのナチュラルチーズです。
水分が多く、一度開封するとカビが生えやすいため、開封後は、1週間程度を目安になるべくお早めにお召し上がりください。

このページの一番上にもどる▲

Q.チーズに入っている「エージレス」とは何ですか?

A.エージレスは、酸素を吸着するための脱酸素剤で、カビを防ぐために使用しています。
主成分は、カルシウム化合物で、安全性が確認されています。

このページの一番上にもどる▲

Q.チーズは冷凍保存できますか?

A.おすすめできません。

冷凍すると食感や風味が悪くなる可能性があります。一度開封したチーズは乾燥しないようラップで包み、冷蔵庫に保存し、なるべくお早めにお召し上がり下さい。
ただし、シュレッドタイプのチーズなど、加熱調理するものは冷凍可能です。
シュレッドタイプのチーズは、開封後カビが発生しやすいため、すぐに食べきれ ない場合は、密閉容器に入れて冷凍し、加熱してお召し上がり下さい。

あまり長期間の冷凍保存はおすすめできません。

このページの一番上にもどる▲

Q.シュレッドタイプのチーズに使用されている「セルロース」とは何ですか?

A.セルロースは天然の植物を原料に作られた食物繊維で、チーズ同士が結着する(くっつく)ことを防いでくれます。

このページの一番上にもどる▲

Q.「十勝100 3種のチーズ」「十勝100ミックスチーズ」は、開封後どのくらいで食べたらいいですか?

A.開封後はカビが発生しやすいため、お早めにお召し上がりください。

すぐに食べきれない場合は、密閉容器等に入れて冷凍し、加熱してお召し上がりください。

あまり長期間の冷凍保存はおすすめできません。

このページの一番上にもどる▲

Q.カマンベールチーズの白カビ部分は食べられますか?

A.カマンベールチーズの外側を覆っている白カビは、食べられる白カビです。

そのまま一緒にお召し上がり下さい。
白カビ部分が苦手な方は、白カビ部分を外して中の柔らかい部分だけをお召し上がりいただくこともできます。

このページの一番上にもどる▲

Q.カマンベールチーズは開封後どのくらいで食べたらいいですか?

A.一度開封したカマンベールチーズはなるべく早く食べ切りましょう。

開封後に保存する場合は、切り口が乾燥しないようラップなどで包み、賞味期限にかかわらず、できるだけお早めにお召し上がりください。

このページの一番上にもどる▲