先輩社員の声

新事業立案がミッション!
変化をチャンスに変えられる会社を目指す。

髙橋 洋平(たかはし ようへい)

出身学部
大学院環境科学院 生物圏科学専攻
部署名
経営企画室 新事業企画立案担当
入社年
2011年4月

部署の紹介

Q.経営企画室と新事業企画立案担当の業務内容について教えてください。

当社のさらなる発展を目指して、新事業創出に取り組んでいます。

経営企画室は、10名ほどの組織で、経営戦略の立案、経営計画や環境経営、外部機関との共同研究の取り進めなどを行っています。その中で私は、経営戦略領域の新事業の企画立案を主に担当しており、外部環境や内部環境を調査して、当社が今後さらに発展し続けられるような新事業をつくり出すことに注力しています。仕事の進め方や新事業に関するアイデアなどについて密に話し合うようにして、担当者それぞれの知識や経験を共有しながら、熱い情熱を持って業務に当たっています。

キャリアについて

Q.入社してからどのような業務を経験してきましたか?

製造、研究・開発、経営企画、さまざまな経験を積む機会を与えてもらいました。

理系の大学院まで進学したこともあり、入社前は研究職への配属を希望していました。入社して約1年間、十勝主管工場(音更町)でチーズの製造に携わり、それから約6年間は、中央研究所(北広島市)で業務用製品の研究などに関わってきました。

中央研究所では、製品に関する研究開発に従事しており、営業部門の担当者と共に当社の製品を使用している取引先に行き、新製品の説明や、工場で試作品を作り製品開発のサポート等を行っていました。

現在関わっている新事業企画立案担当には、自ら希望して配属されました。ミッションである新事業の企画立案を達成するだけではなく、私たちが行うことが1つのモデルとなり、新しいことにどんどん挑戦できる土壌が形成されればと願っています。そうすることによって、どんな環境の変化に直面しても、それをチャンスに変えられるような企業体が形成されると考えています。

会社のサポートについて

Q.スキルアップのための教育体制について教えてください。

成長を実感できた選抜教育。会社を見る視点が変わりました。

当社の教育体制は非常に整っていると感じています。当社が一部費用を負担してくれる通信教育制度や資格サポート制度、経験年数などによって受講する階層別研修など、スキルアップできる場が用意されています。

私は、2017年1月から2018年12月までの2年間、業務の傍ら、「未来スクール」という選抜教育を受けさせてもらいました。これは会社の未来を考えるための研修で、参加したのはさまざまな部署から集まった7名です。最初の1年間は、外部で行われるセミナーや外部講師を招いての研修を月1回受け、残り1年間はチームを組んでいろいろなテーマに取り組みディスカッションを行いました。また、ベトナムで1週間実施された海外研修では大変なこともありましたが、それ以上に刺激を受け、成長できたと感じています。

この選抜教育を受けたことによって「もっと外を見たい、知りたい」と思うようになり、当社の将来についてより深く考えるようになりました。このような経験もあり、現在の新事業企画立案担当の業務を希望いたしました。

会社の強みについて

Q.会社の強みはどこにあると思われますか?

酪農家の会社だからこそできることがあります。

当社の強みの1つはその成り立ちです。酪農家の方々の暮らしを豊かにしたいとの思いから会社が誕生しており、毎日安心して生乳を搾ってもらえるよう、当社酪農部が中心となって、酪農家の方々に対して、技術支援、研修実施など生乳生産基盤強化に向けた取り組みなども行っています。これらは、酪農家の方々に寄り添う当社だからこそできることと言えます。酪農家とお客様の架け橋として貢献したいと思う方には非常にいい会社です。

そして、もう1つの強みは、優れた製造技術と徹底した品質管理によって成り立っている製品です。当社の牛乳・乳製品の取引先は日本全国、さらには東南アジア地域の一部にもわたっております。これまでは業務用製品の割合が大きかったのですが、貿易自由化の進展に伴い、今後は家庭用製品の割合も増やしていこうという動きがあります。業務用製品と家庭用製品とでは、製造・販売方法やマーケティングなどの面において大きく違いがあるので、今後、社員の意識も変えていく必要があります。

学生へのメッセージ

成長できたのは会社のおかげ。これからは還元していくステージ

私にとって「よつ葉乳業」は学びの場です。当社は「やりたい」と言えばその熱意に応えてくれる会社です。当社で働くことによって自分を高めることができていると実感しているので、これからは学ばせてもらった以上に、当社や酪農家の方々に還元していかなければならないと思っています。

また、当社は、酪農家の方々が生産した生乳を、牛乳だけではなくバターやチーズなど多様な形態に加工して、滞りなくお客様に届けるという社会的な役割を担っています。生乳生産量の減少や貿易自由化など、酪農乳業界を取り巻く状況は大きく変化しています。そんな中、酪農家の方々がいつまでも安心して生乳を生産できる環境を整えるための方策の一つとして、強い体質の新事業を生み出すことが必要だと考えています。

当社にはさまざまな業務を経験した社員が、各業務において個々の力を活かし働いています。文系、理系関わらず、当社ではこれまで学んだことを必ず活かすところがあると思います。当社の理念に共感し、会社と共に成長したい人は是非エントリーしてみてください。

キャリアについて

  • 2011年 大学院環境科学院 生物圏科学専攻 修了
  • 2011年 入社 十勝主管工場 製造第3部チーズ2課
  • 2012年 研究統括部 中央研究所
  • 2018年 経営企画室 新事業企画立案担当